m3.com トップ > 臨床ニュース > 耳の中のムカデにキシロカインで摘出

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

耳の中のムカデにキシロカインで摘出 「ムカデ咬傷の治療経験を教えてください」―Vol. 3

2020年7月29日 m3.com意識調査  カテゴリ: 皮膚疾患救急

m3.com意識調査で、ムカデ咬傷の診療経験がある医師会員498人にこれまで診た受傷部位を複数選択で尋ねたところ、最多71.3%の「足」に次いで多かったのが「手」の60.5%で、足と同様に過半数に達した。ここでは、自由回答欄に寄せられた手と体幹(上半身)、その他の受傷ケースを紹介する。「自分の部屋で手をかまれた」という医師自身の経験や、「耳の中で暴れるムカデにキシロカインで動けなくして摘出した耳鼻咽喉科医の手際に感動した」と体内に入り込む症例もあった。前回の記事『ムカデ咬傷「ハーフパンツの中で疼...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞