m3.com トップ > 臨床ニュース > 簡易手術はAI内蔵ロボットが代替可能?【第120回外科学会】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

簡易手術はAI内蔵ロボットが代替可能?【第120回外科学会】 日本外科学会で注目している企画、キーワードを募集

2020年7月29日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般外科疾患その他

8月13-15日に、第120回日本外科学会定期学術集会が完全Web形式にて開催される。m3.comでは学会の開催に先立ち、日本外科学会の了承の下、今学会で注目している企画や取り上げてほしいキーワードを事前募集した。「手術支援ロボットの果たす役割と限界について」「簡単な手術を人工知能(AI)内蔵ロボットが行うことの是非」など、先端医療技術の導入に対して、高い関心が見られた。(m3.com編集部・宮内諭)これまでの記事『NSCLC、腹部大動脈瘤…どちらの治療を選択?』(7月15日掲載)『小児嚢胞性肺...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞