m3.com トップ > 臨床ニュース > 「membrane on a chip」がCOVID-19治療薬のスクリーニングを迅速化する可能性

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「membrane on a chip」がCOVID-19治療薬のスクリーニングを迅速化する可能性 中国・医療者向け情報サイト「医脈通」より

※m3.com編集部からエムスリーのグループ会社が中国で運営する医療者向け情報サイト「医脈通」に掲載された記事を転載します。本記事は7月15日付の掲載です。(出典:科技日報)翻訳:児玉貴光(救急科専門医)最近、英国ケンブリッジ大学の公式ウェブサイトに掲載された報告によると、同大学の研究者らは米国の科学者らと共同で薬剤と感染因子によるヒト細胞との相互作用を継続的に監視可能としたヒトの細胞膜を模した「membraneonachip」を開発した。これによって新型コロナウイルス感染症(COVID-19)...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞