m3.com トップ > 臨床ニュース > 心筋梗塞に「たぶん使う」薬と「それだけで使わない」薬

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

心筋梗塞に「たぶん使う」薬と「それだけで使わない」薬

2020年8月4日 メディカル・サイエンス・インターナショナル  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

◎利尿薬……心不全という理由だけでは使わない□ AMIの心不全は虚血由来の収縮障害と拡張障害によって生じ、通常は血管内ボリューム過剰を伴わない。循環血液量としては正常か、しばしば脱水を伴う。Inprinciple脱水はAMI発症の誘因→利尿薬の出番は少ない。□ 患者の身体所見のみから脱水の有無を推測することは難しい。心エコーで下大静脈径を見るのはわかりやすい。□ 循環血液量の低下が否定的で、かつ利尿が不十分なら、フロセミド(1アンプル20mg)を1/2アンプル、側管...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞