m3.com トップ > 臨床ニュース > 東邦大・舘田氏「8月に入り入院患者増加、医療リソース逼迫」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

東邦大・舘田氏「8月に入り入院患者増加、医療リソース逼迫」 第117回日本内科学会の緊急シンポジウムで講演

2020年8月14日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患感染症

日本感染症学会理事長の舘田一博氏(東邦大学微生物・感染症学講座教授)は8月9日、東京都内で開催された第117回日本内科学会講演会の緊急シンポジウムで、「感染症専門医の立場から」をテーマに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についてオンラインで講演。8月に入り、都内では入院患者が1500人を超えたという報告があり、医療リソースの逼迫が再び起きつつある、と懸念を示した。(m3.com編集部・宮内諭)ワクチン開発には「抗体依存性感染増強」の考慮を舘田氏は講演の冒頭で、世界におけるCOVID-1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞