m3.com トップ > 臨床ニュース > 進行肺癌、腫瘍減量手術を再考する【第120回外科学会印象記】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

進行肺癌、腫瘍減量手術を再考する【第120回外科学会印象記】 石川県立中央病院(金沢市)呼吸器外科科長・常塚宣男氏

2020年8月17日 m3.com編集部  カテゴリ: 呼吸器疾患一般外科疾患

2020年8月13日から3日間にわたって完全Webで開催された第120回日本外科学会定期学術集会。初日の呼吸器外科のセッションでは、午後からパネルディスカッションが行われた。呼吸器外科医の立場から聴講した演題について、私見を交えながら述べたいと思う。認められつつあるIV期でも手術することの価値学会第1日目の8月13日午後2時20分から、パネルディスカッションの「進行肺癌の集学的治療―腫瘍減量手術の再考―」が開催された。演者は6人で、いわゆるIV期肺癌の手術に関するものである。最初の2題はIV期原...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞