m3.com トップ > 臨床ニュース > 過去3回の流行後、増え続ける患者【時流◆川崎先生と川崎病】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

過去3回の流行後、増え続ける患者【時流◆川崎先生と川崎病】 三重大学・三谷義英氏へのインタビュー―Vol. 2

三重大学先天性心疾患・川崎病センターセンター長、三重大学医学部附属病院周産母子センター病院教授の三谷義英氏へのインタビュー第2回。川崎病関連の学会や研究会には小児循環器科医だけでなく、実にさまざまな領域の研究者や医師が集まると話す三谷氏。その理由を聞いた。なお、過去に3回の大きな流行を迎えて以降、年々患者数が増え、直近の調査では過去最高を記録しているという。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵/2020年7月1日取材、全4回連載)前回の記事『川崎病発見から50年余りの進展と今』はこちら川...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞