m3.com トップ > 臨床ニュース > 第6回 腹腔内化学療法の治療成績と推奨度は?(2020/8/21訂正)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第6回 腹腔内化学療法の治療成績と推奨度は?(2020/8/21訂正) 消化器科 島田英昭(東邦大学医療センター大森病院)

今回取り扱う論文FactorsAssociatedwithResectionandSurvivalAfterLaparoscopicHIPECforPeritonealGastricCancerMetastasisAnnalsofSurgicalOncology2020年7月9日付電子版はじめに腹腔内化学療法は、実臨床である程度の有効性が認識されていることから、先進医療あるいは全額自己負担で、限定的な症例数ではありますが多くの施設で治療が行われています。世界的にみると、当初は日本発の報告が中心で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞