m3.com トップ > 臨床ニュース > 完全Web開催の学術集会を聴講して【第120回外科学会印象記】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

完全Web開催の学術集会を聴講して【第120回外科学会印象記】 名古屋大学医学部附属病院・横田一樹氏

2020年8月23日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般外科疾患

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により延期されていた第120回日本外科学会定期学術集会は、完全Web開催と形を変えて開催された。筆者の15年の医師人生において初めてのWebでの学会聴講であり、この斬新な経験から筆者が感じたそのメリット、デメリットを報告したいと思う。多忙な臨床医にとって有益な開催形式まずは、筆者が知る限りでは大きなサーバートラブルもなく、順調に3日間の会期を終えたことに関して、丹念に入念に準備をされた会長の北川先生をはじめ、関係者の方々のご尽力に心から敬意を表し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞