m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児嚢胞性肺疾患に対する手術―開胸 vs 胸腔鏡下―【第120回外科学会印象記】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児嚢胞性肺疾患に対する手術―開胸 vs 胸腔鏡下―【第120回外科学会印象記】 名古屋大学医学部附属病院・横田一樹氏

2020年8月25日 m3.com編集部  カテゴリ: 呼吸器疾患小児科疾患一般外科疾患

今回の外科学会は120回の節目の集会でもあり、初の完全Web開催ということで様々な企画があった。本稿では、外科学会の目玉企画のうちの一つであるディベートについての感想を僭越ながら寄稿した。筆者は小児外科が専門であり、「ディベート(3)小児嚢胞性肺疾患に対する手術―開胸vs胸腔鏡下―」(司会=兵庫県立こども病院・前田貢作氏、名古屋大学・内田広夫氏、特別発言=順天堂大学・山高篤行氏)についてレポートする。ディベートながら和気藹々と進行このディベート企画は数年前の外科学会から恒例となっており、毎年様々...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞