m3.com トップ > 臨床ニュース > アスピリン以外の抗血小板薬を使いこなす

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アスピリン以外の抗血小板薬を使いこなす

2020年8月25日 メディカル・サイエンス・インターナショナル  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

アスピリン以外の抗血小板薬チクロピジン(パナルジン)、クロピドグレル(プラビックス)、プラスグレル(エフィエント)、シロスタゾール(プレタール)、サルポグレラート(アンプラーグ)● チエノピリジン系抗血小板薬はチクロピジン、クロピドグレル、プラスグレル。● 下肢の閉塞性動脈硬化症に客観的検証が行われている薬剤はシロスタゾールのみ。□ 血小板表面も血管内皮も陰性に荷電しており、日頃はたがいに接触しない。「若干の距離」をおくと良好な関係を維持できる。□ 血管内...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞