m3.com トップ > 臨床ニュース > クロピドグレルを巡る2つの話題、結末はこうなった

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

クロピドグレルを巡る2つの話題、結末はこうなった

2020年9月1日 メディカル・サイエンス・インターナショナル  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患投薬に関わる問題

Bクロピドグレル(プラビックス)■プロフィール□ 作用:副作用を少なくしたチクロピジン型薬剤。ADP受容体(P2Y12)阻害による血小板凝集抑制□ 適応:1)虚血性心疾患、特にPCIが行われる患者:2007年にACSに適応となり、2011年には安定狭心症や心筋梗塞後のPCIへの適応が追加された。2)虚血性脳血管疾患3)2012年に末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の適応□ 投与量:PCIに先立ってACS(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞)にクロピドグレル300...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞