m3.com トップ > 臨床ニュース > 穿孔性皮膚症診療の手引きを公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

穿孔性皮膚症診療の手引きを公開 診断基準・重症度分類など3章、9 CQ

2020年9月7日 日本皮膚科学会  カテゴリ: 一般外科疾患皮膚疾患

日本皮膚科学会はこのほど、同学会作成の「穿孔性皮膚症(perforatingdermatosis)の診療の手引き」を学会ホームページに掲載した。同手引きは、「穿孔性皮膚症の診断基準と重症度分類」「clinicalquestion(CQ)」など3章構成で、9項目のCQを設定している。CQの章では、「後天性反応性穿孔性膠原線維症」「蛇行性穿孔性弾性線維症」「キルレ病」「穿孔性毛包炎」の4項目についてそれぞれCQを設定し、解説している。主なCQは、「後天性反応性穿孔性膠原線維症に、紫外線療法は有効か?...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞