m3.com トップ > 臨床ニュース > 脊髄損傷の下部尿路機能障害指針2019公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脊髄損傷の下部尿路機能障害指針2019公開 総論とCQの2部構成、21CQ

医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本排尿機能学会と日本脊髄障害医学会、日本泌尿器科学会作成の「脊髄損傷における下部尿路機能障害の診療ガイドライン[2019年版]」をホームページのガイドライン一覧に加えた。同ガイドライン(GL)は2011年版の改訂版で第3版となる。「総論」と「CQ」の2部構成で、21項目のCQが設定されている。第2版は、44項目のクリニカルクエスチョン(CQ)のみで構成されていた。しかし、疫学や病態生理、診断的事項に関してはCQでは十分に解説できない項目もあるとの考えか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞