m3.com トップ > 臨床ニュース > 2-6歳の1型糖尿病に携帯型人工膵臓を承認 米

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

2-6歳の1型糖尿病に携帯型人工膵臓を承認 米 7歳未満のインスリン自動注入システム使用を初承認

米国食品医薬品局(FDA)は8月31日、ハイブリッド型クローズドループシステムを搭載し、血糖モニターと必要量のインスリン注入をほぼ自動化したインスリンポンプ「MiniMed770G」(Medtronic社)の2-6歳の小児1型糖尿病(DM)患者への使用を承認した。2-6歳の1型DM患児に対してインスリン自動注入システムの使用を承認したのは、今回が初めて。「MiniMed770G」は、既に承認されている携帯可能な人工膵臓デバイス「MiniMed670G」システムのブルートゥース対応版。MiniMe...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞