m3.com トップ > 臨床ニュース > 肥大型心筋症の新薬/HFpEFへのARNIの有用性探る試験【時流◆ESCピックアップ】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肥大型心筋症の新薬/HFpEFへのARNIの有用性探る試験【時流◆ESCピックアップ】 EXPLORER-HCM試験、PARALLAX試験

欧州心臓病学会(ESC2020)ピックアップ第3回は、いずれも根本治療や標準的な治療が確立していない領域で行われた臨床試験を紹介する。1つ目は、閉塞性肥大型心筋症(HOCM)に対する初の特異的な治療薬として開発が進むmavacamtenに対する有用性を示したEXPLORER-HCM試験。2つ目は、左室駆出率(LVEF)が保たれた心不全(HFpEF)に対するアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI)サクビトリル/バルサルタンの有用性を検討したPARALLAX試験。(m3.com編集部・...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞