m3.com トップ > 臨床ニュース > 外科治療の限界に挑む真の高度先進医療【第120回外科学会】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

外科治療の限界に挑む真の高度先進医療【第120回外科学会】 DCSをあえて用いない外傷治療戦略

2020年9月12日 日本外科学会  カテゴリ: 一般外科疾患救急

ウェブ上で開催された第120回日本外科学会定期学術集会(JSS120、8月13-15日)において8月13日、「命と向き合う外科医:手術でしか救えない命-外科手術の限界への挑戦)」をテーマに、消化器・乳腺・内分泌・一般外科領域のエキスパートによる高難易度手術8演題が発表された。その中の一般外科領域から、埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センターの松田真輝氏による、体幹部外傷の高難易度手術症例の報告を紹介する。(m3.com編集部・末冨聡)かつて「死のトンネル」と呼ばれた術前CT近年、止血まで...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞