m3.com トップ > 臨床ニュース > トシリズマブ投与で高い軽快率、全国医学部長病院長会議

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

トシリズマブ投与で高い軽快率、全国医学部長病院長会議 全国医学部長病院長会議が公表

2020年9月15日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患感染症

全国医学部長病院長会議は9月10日、国内の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)重症例に対する治療実態調査の結果を公開した。報告によると、2020年7月31日までに治療を行った重症例(ICUに入室あるいは人工呼吸器を必要とした症例)の総数が487例だったのに対し、死亡は98例であり、死亡割合は20.1%だった。(m3.com編集部・宮内諭)軽快率が高かったのはトシリズマブCOVID-19発生時から2020年7月31日までに治療を行った重症例に関し、各治療法の使用例数および各治療法別の軽快症...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞