m3.com トップ > 臨床ニュース > アネレム静注用が一部自主回収

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アネレム静注用が一部自主回収 製品バイアル内にガラス片が混入

日本麻酔科学会はこのほど、ムンディーファーマの「レミマゾラムベシル酸塩」(販売名:アネレム静注用50mg)7万5410本について、自主回収の文書を学会ホームページに掲載した。同剤の製造番号YA9701において、製品バイアル内にガラス片が混入しているとの報告が医療機関からあったことを受けての措置。原因については現在調査中で、当該製造番号の製品並びに当該製造番号の製品と同一の製剤ロットから製造された製造番号YA9701-YA9703の合計3ロットを9月2日から自主回収している。同社は、混入したガラス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞