m3.com トップ > 臨床ニュース > 第3回 FLT3-ITD変異陽性AMLに対する移植後のソラフェニブによる維持療法の有効性

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第3回 FLT3-ITD変異陽性AMLに対する移植後のソラフェニブによる維持療法の有効性 血液内科 藤重夫(大阪国際がんセンター)

2020年9月19日 スペシャリストの視点  カテゴリ: 血液疾患

今回扱う論文SorafenibMaintenanceAfterAllogeneicHematopoieticStemCellTransplantationforAcuteMyeloidLeukemiaWithFLT3–InternalTandemDuplicationMutation(SORMAIN)JournalofClinicalOncology2020;38:2993-3002はじめに急性骨髄性白血病(AML)に対して近年、分子標的薬の開発が進んできており、特にFLT3-ITD...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞