m3.com トップ > 臨床ニュース > ビオチン大量内服による検査値異常で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ビオチン大量内服による検査値異常で注意喚起 診断用医薬品の確認、投与中止後の再検査など考慮を

医薬品医療機器総合機構(PMDA)はこのほど、日本小児科学会、日本新生児成育医学会、日本先天代謝異常学会、日本マススクリーニング学会作成の「ビオチン大量内服による検査値異常に係る注意喚起」を掲載した。各学会は、ビオチン投与中の症例において、臨床症状・治療経過などにそぐわない検査結果が生じた場合、ビオチンによる検査値干渉を生じることの可能性を念頭に、診断用医薬品の確認、投与中止後の再検査などを考慮しつつ、診断、治療を行うべきことを周知している。厚生労働省、米国食品医薬品局(FDA)および欧州医薬品...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞