m3.com トップ > 臨床ニュース > 有機リン中毒急患、よくある誤診とピットフォール

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

有機リン中毒急患、よくある誤診とピットフォール

2020年10月1日 三輪書店  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

寺沢秀一、島田耕文、林寛之(著)『研修医当直御法度第6版』(三輪書店)より転載前回の記事はこちら中毒・異物誤食◆ 胃洗浄、催吐が有効な患者は少ない。禁忌の場合もある!◆ 服毒の治療で最も有効性が認められているのは活性炭である!◆ 有機リン中毒は高血圧性脳幹(橋)出血と誤診される!◆ パラコート(グラモキソン)中毒は最初、軽症にみえる。だまされるな!◆ ボタン型電池とPTP(PressThroughPackage)は特別扱い!【症例】道路で倒れてい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞