m3.com トップ > 臨床ニュース > 喀痰検査「呼吸器症状の鑑別に必須」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

喀痰検査「呼吸器症状の鑑別に必須」 「咳嗽で喀痰を検査していますか?」―Vol. 2

m3.com意識調査では、医師会員に主訴が咳嗽の患者に対する喀痰検査の実態について尋ねた。調査に参加した843人のうち、喀痰まで検査することが「ある」との回答割合は53.1%、「ない」は46.9%で、差は6.2%程度だった。肯定的な意見としては「呼吸器症状を訴える患者の鑑別に必須の臨床検査」「特異度が高い検査で有用」などとする声が寄せられた。一方の消極的な意見では、「意義はあると思うが小児科の場合は困難なことが多い」と、診療科特有の事情による意見が目立った。ここでは、咳嗽時の喀痰検査に対して寄せ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞