m3.com トップ > 臨床ニュース > 号外 街角の児童精神科クリニックからみたCOVID-19流行

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

号外 街角の児童精神科クリニックからみたCOVID-19流行 精神科 藤田基(道玄坂ふじたクリニック)

はじめに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が、世界に未曾有の被害をもたらしています。その強力な感染力とインフルエンザよりも一桁高いといわれる致命率で多くの人々が不幸な転帰をたどることが明らかになったため、世界の国々で感染拡大を抑止するために都市封鎖、学校や職場の一時閉鎖を余儀なくされてきました。このことが、家庭生活、経済活動に至るまで、私たちの生活全般に深刻な影響を及ぼしています。本稿では、COVID-19流行下で街角の児童精神科クリニックを訪れた患者の特徴とその対応を紹介します。まだ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞