m3.com トップ > 臨床ニュース > 【総論】せん妄の評価方法(前編)

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【総論】せん妄の評価方法(前編) 井上真一郎

2020年10月13日 m3.com編集部  カテゴリ: 精神科疾患一般外科疾患

前回の記事『【総論】せん妄の3因子とアプローチ(後編)』はこちら①せん妄で高頻度にみられる「注意力障害」を見逃さないようにしよう②せん妄の早期発見のためにはスクリーニングが重要である③スクリーニングでは、臨床現場で実施・継続可能性の高いツールを用いよう1せん妄の予防これまで、多くの医療現場ではせん妄対策が後手後手となっていました。例えば、夜中に患者が点滴を引っこ抜いて「家に帰る!」と叫ぶなど興奮状態になってから、当直医が大慌てでハロペリドールを注射し、看護師は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞