m3.com トップ > 臨床ニュース > 医師も市民も「知る」ことが重要―乳房健康研究会シンポ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

医師も市民も「知る」ことが重要―乳房健康研究会シンポ 座長・大野真司氏に聞く狙いと見どころ―Vol. 2

2020年10月18日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般外科疾患産婦人科疾患

認定NPO法人「乳房健康研究会」が11月3日に、イベント「GlobalConferenceonBreastHealth」をWEB上で開催する。プログラムの一つであるシンポジウム「グローバルカンファレンス」では、海外から6人のエキスパートが参加し、日本の医師たちと議論を交わす予定だ。座長の一人である同研究会副理事長の大野真司氏(がん研有明病院副院長・乳腺センター長)に、狙いと見どころを聞いた。大野氏は「医師も一般市民も、乳がんを取り巻く状況を『知る』ことが重要」と話す。(聞き手・まとめ:m3.co...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞