m3.com トップ > 臨床ニュース > 米FDAが初のエボラ治療薬Inmazebを承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米FDAが初のエボラ治療薬Inmazebを承認 3種のモノクローナル抗体カクテル

米国食品医薬品局(FDA)は10月14日、成人および小児のザイールエボラウイルス(Zaireebolavirus)感染症の初の治療薬として、モノクローナル抗体3種(atoltivimab、maftivimabおよびodesivimab-ebgn)を組み合わせたInmazeb(RegeneronPharmaceuticals社)を承認した。エボラウイルス表面糖タンパク質が細胞表面上の受容体に結合すると、ウイルスと宿主の細胞膜が融合し、ウイルスは細胞内に侵入できるようになる。Inmazebは、この糖...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞