m3.com トップ > 臨床ニュース > 「夢の行動化」が神経疾患の前駆症状である可能性【時流◆睡眠最前線】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「夢の行動化」が神経疾患の前駆症状である可能性【時流◆睡眠最前線】 獨協医科大学・平田幸一氏の解説―Vol. 2

睡眠に関連する平田幸一氏(獨協医科大学副学長、同大学病院臨床医学統括者)による解説の第2回。最近、注目されている不眠と認知症の関連を示唆する興味深い仮説と、実世界でのエビデンスに基づく「現時点での信頼性」について、医師が押さえるべきポイントを明らかにする。また、パーキンソン病などの神経疾患の前駆症状に「レム睡眠行動障害」と呼ばれる症状が関わっていることが徐々に明らかになっている点についても紹介する。(m3.com編集部・坂口恵)前回の記事『「眠れないだけでは死なない」は医学的に誤り』はこちら不眠...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞