m3.com トップ > 臨床ニュース > 第2回 膵がんの悪性度は間質の割合で逆説的に規定される

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第2回 膵がんの悪性度は間質の割合で逆説的に規定される 腫瘍生物学 吉田剛(東京医科歯科大学)

2020年10月23日 スペシャリストの視点  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

今回扱う論文PancreaticductaladenocarcinomaprogressionisrestrainedbystromalmatrixJournalofClinicalInvestigation2020;130:4704-4709はじめに一般的に、腫瘍間質の硬さ(stromalstiffness)は腫瘍の悪性度を高めると考えられてきました。がん関連線維芽細胞は、細胞外マトリックスのリモデリングを介して腫瘍の硬さを促進します。数多くの研究により、化学療法や放射線治療によって医原性に間...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞