m3.com トップ > 臨床ニュース > 【寄稿】「二刀流」医師がバイパス術のコンテストに呼ばれた理由

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【寄稿】「二刀流」医師がバイパス術のコンテストに呼ばれた理由 初の学会による脳血管手術コンテストを振り返る(2)吉村紳一・兵庫医科大学教授

編集部より:第29回脳神経外科手術と機器学会学術集会で学会単位では初となった「顕微鏡下手術手技コンテスト」(「教授ら5人に囲まれ1mm血管吻合を披露」参照)の印象記。第2弾は、コンテストの審査員を務めた兵庫医科大学脳神経外科主任教授の吉村紳一先生です。脳外科手術・血管内治療の「二刀流」で高い専門性を発揮する吉村先生は、今回のコンテストで、事前のビデオ審査(現地開催がかなわなかった場合のために実施)と現地審査の両方に参加しました。今回、審査員として加わった経緯や「二刀流」目線でのコンテストの評価、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞