m3.com トップ > 臨床ニュース > 8kgの鎖入り布団による不眠改善効果

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

8kgの鎖入り布団による不眠改善効果 双極性障害・ADHDなどの不眠患者、初のRCT

金属製の鎖を入れ、重みと体へのフィット感を高めた6-8kgの掛け布団を就寝時に使用することで、精神疾患を有する人の不眠症が改善したとする初のランダム化比較試験(RCT)の成績が報告された(JClinSleepMed2020;16:1567-1577)。双極性障害や注意欠如・多動性障害(ADHD)を合併する不眠患者120人の検討で対照群に比べ、不眠重症度指数(ISI)の大幅な改善が認められたという。(m3.com編集部・坂口恵)プラスチック製鎖入りの掛け布団と不眠改善の効果を比較「不眠症は一般市民...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞