m3.com トップ > 臨床ニュース > 便秘(症)の分類と病態――便秘診療の“あるある”やりとり

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

便秘(症)の分類と病態――便秘診療の“あるある”やりとり

2020年10月29日 南山堂  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患小児科疾患

十河剛(著)『子供の便秘はこう診る!親子のやる気を引き出す小児消化器科医のアプローチ』(南山堂)より転載前回の記事『子供に気持ち良くうんちをしてもらうために』はこちら1便秘の定義――排便回数だけに着目すると便秘を見落とす!2014年に日本小児栄養消化器肝臓学会および日本消化管機能研究会が合同で発表した「小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン」1)では、便秘とは「便が滞った、または便がでにくい状態である」と定義されている。さらに「便秘による(身体)症状が表れ、診療や治療を必要とする場合」を「便秘症」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞