m3.com トップ > 臨床ニュース > 危うく聞き逃しそうになったもう一つの過量内服

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

危うく聞き逃しそうになったもう一つの過量内服 「中毒・異物誤食で得た教訓やエピソードを教えてください」―Vol. 1

2020年11月6日 m3.com意識調査  カテゴリ: 救急

中毒や異物誤食は、搬送された患者の意識が判然としないケースが少なくない。m3.com意識調査で、医師会員から中毒・異物誤食にまつわるエピソードや症例経験から得た教訓を募集したところ、向精神薬のみを大量に服薬したと勝手に解釈し、それ以外にも多量の薬剤を飲んでいたことを危うく聞き逃しそうになったり、急性アルコール中毒で搬送された患者が実は急性硬膜外血腫と判明したりしたことなどが寄せられた。ここでは、中毒を来した症例に関するエピソードや教訓を紹介する。Q.先生がこれまでに経験した中毒・異物誤食の急患に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞