m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児の睡眠、最大の課題は「乳児期」【時流◆睡眠最前線】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児の睡眠、最大の課題は「乳児期」【時流◆睡眠最前線】 瀬川記念小児神経学クリニック・星野恭子氏―Vol. 1

2020年11月7日 時流  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患神経内科疾患

【時流◆睡眠最前線】では、睡眠に関連する最新知見を3人の専門家に解説してもらっている。第3弾は、小児の睡眠衛生・睡眠障害について、医療法人社団昌仁醫修会瀬川記念小児神経学クリニック理事長の星野恭子氏に話を聞いた。小児期の睡眠の問題というと、就学以降の睡眠時間不足が思い起こされるが、意外なことに「乳児期の睡眠衛生」が最も課題だという。乳児の睡眠パターンは個人差が大きく「この子は夜寝ない」など、自然のままに捉えられがちだが、生後3カ月頃からノンレム睡眠・レム睡眠のリズムやサーカディアンリズムが形成さ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞