m3.com トップ > 臨床ニュース > 11月時点のインフルエンザ活動性、世界的に低調

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

11月時点のインフルエンザ活動性、世界的に低調 WHOのインフルエンザ最新レポート

インフルエンザウイルスの活動性は例年同時期に比べ、全世界的に低いことが、11月9日時点の世界保健機関(WHO)によるサーベイランスレポートで明らかになった。WHOは、インフルエンザ低調の背景には新型コロナウイルスの伝播抑制に対し取られている個人レベルの予防や公衆衛生対策が奏功している可能性があるとの見解を示している。(m3.com編集部・坂口恵)9万超の検体のうち、陽性は140検体一部の国ではインフルエンザ検査件数を増やしつつあるものの、例年同時期に比べ、インフルエンザウイルスの活動性は世界的に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞