m3.com トップ > 臨床ニュース > 睡眠衛生で神経発達症の発作減り、驚き【時流◆睡眠最前線】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

睡眠衛生で神経発達症の発作減り、驚き【時流◆睡眠最前線】 瀬川記念小児神経学クリニック・星野恭子氏―Vol. 3

2020年11月15日 時流  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患神経内科疾患

医療法人社団昌仁醫修会瀬川記念小児神経学クリニック理事長の星野恭子氏に聞く小児の睡眠衛生・睡眠障害、第3回(最終回)。星野氏は同クリニックに赴任した当時、同クリニック設立者である瀬川昌也氏の睡眠衛生指導の効果に驚き、赴任翌年にインターネット上で啓発活動を開始した。時計遺伝子に関する基礎研究にも従事した経験を踏まえ、ヒトが昼行性の動物であることは、あらゆる動植物にサーカディアンリズムがあるのと同様、変え難いことと強調する。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵/2020年9月26日取材、全3...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞