m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児の胸痛や失神へのルーチン検査の見直しを提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児の胸痛や失神へのルーチン検査の見直しを提言 米国小児科学会

米国小児科学会(AAP)は先ごろ、小児循環器領域における新たなChoosingWisely(賢い選択)を発表し、既往や家族歴のない健康な小児の胸痛や失神などにルーチンに行われている検査の見直しを呼びかけた。(m3.com編集部・坂口恵)小児の失神で聞き取りが必要な家族歴も明示ChoosingWiselyはABIM(米国内科専門医認定機構)が2012年から行っているキャンペーンで、(1)エビデンスに裏付けられており、(2)既に受けている他の検査や処置と重複しておらず、(3)害が少なく、(4)患者に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞