m3.com トップ > 臨床ニュース > ヨウ化ナトリウムカプセルの供給制限継続

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヨウ化ナトリウムカプセルの供給制限継続 11月24日検定品以降の見通しは不明

日本核医学会はこのほど、ヨウ化ナトリウムカプセル(販売名:ヨウ化ナトリウムカプセル-5号)の供給が制限されている問題で、日本アイソトープ協会、富士フイルム富山化学連名の文書を同学会ホームページに掲載した。引き続き、同製剤の投薬変更を呼びかけている。文書によると、原料の放射性ヨウ素(I-131)について、「出荷可能だが、通常レベルの供給量確保は困難」との知らせが供給元のPOLATOM社よりあったという。2020年11月19日までの納品に問題はないが、同11月24日検定品以降の見通しは、改めて詳細が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞