m3.com トップ > 臨床ニュース > ALS治療薬「リルテック錠50」の供給再開へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ALS治療薬「リルテック錠50」の供給再開へ 2020年11月30日の週より順次

2020年11月20日 日本神経学会  カテゴリ: 神経内科疾患投薬に関わる問題

日本神経学会はこのほど、供給が一時停止されていたALS治療薬のリルゾール製剤(販売名:リルテック錠50)について、製造販売元のサノフィの文書を同学会ホームページに掲載した。2020年11月30日の週より順次、供給が再開される。同製剤は2019年11月以来、原末製造に用いる出発物質の供給問題により製品の供給を一時停止していた。原薬の安定供給の目処が立ったことから、供給再開となる。ただし、当面の間は28錠包装での納品となる予定。シリーズ副作用・有害事象・注意喚起情報一覧関連リンク筋萎縮性側索硬化症用...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞