m3.com トップ > 臨床ニュース > 心臓外科、「手術の中で答えがすぐ出る」のが魅力【令和の医療◆心臓血管外科編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

心臓外科、「手術の中で答えがすぐ出る」のが魅力【令和の医療◆心臓血管外科編】 順天堂大学・天野篤氏、虎の門病院・中永寛氏に聞く―Vol. 1

循環器科領域では、カテーテルや画像診断の技術革新などによって、内科的治療の幅が広がっている。将来、心臓血管外科医が外科医の花形でなくなる日は来るのか。順天堂大学心臓血管外科教授の天野篤氏と、若手心臓外科医、虎の門病院循環器センター外科の中永寛氏に、これからの心臓血管外科医の在り方を語り合ってもらった。第1回は、心臓外科の魅力と低侵襲心臓手術について。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・河野祐子/全3回)答えがすぐ出るのが心臓外科の魅力中永寛氏――まず、中永先生に簡単な自己紹介をお願いできますか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞