m3.com トップ > 臨床ニュース > 第3回 プリン代謝はDNA修復を介して膠芽腫の治療抵抗性を制御する

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第3回 プリン代謝はDNA修復を介して膠芽腫の治療抵抗性を制御する 腫瘍生物学 吉田剛(東京医科歯科大学)

今回扱う論文PurinemetabolismregulatesDNArepairandtherapyresistanceinglioblastomaNatureCommunications2020;11:3811はじめに生化学の復習になりますが、ペントースリン酸回路から供給されるD-リボース-5-リン酸は、ピロリン酸化された後に5-ホスホリボシル-1a-二リン酸(PRPP)になります。プリンヌクレオチドは、PRPPを土台にしてプリン骨格を次々と組み立てていく方法によって合成されます。これをヌクレ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞