m3.com トップ > 臨床ニュース > 米FDAがゾフルーザに予防投与の適応追加承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米FDAがゾフルーザに予防投与の適応追加承認 顆粒製剤も利用可能に

米国食品医薬品局(FDA)は11月23日、抗インフルエンザウイルス薬バロキサビルマルボキシル(バロキサビル、商品名ゾフルーザ、米Genentech社)について、インフルエンザウイルス感染症患者と接触した成人および12歳以上の小児への曝露後予防投与の適応追加を承認した。このほか、従来の錠剤に加えて、新剤型として経口懸濁用顆粒製剤が発売された。同薬は2018年、12歳以上の合併症のない急性インフルエンザウイルス感染症治療(発症後48時間以内)を適応として承認を取得している。今回の承認は、インフルエン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞