m3.com トップ > 臨床ニュース > 便秘の悪循環――便塞栓へ向かう負のスパイラル

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

便秘の悪循環――便塞栓へ向かう負のスパイラル

2020年11月26日 南山堂  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患小児科疾患

十河剛(著)『子供の便秘はこう診る!親子のやる気を引き出す小児消化器科医のアプローチ』(南山堂)より転載前回の記事『何度でも読み返して覚えて欲しい便秘のメカニズム』はこちら4便秘の悪循環とは――便塞栓へ向かう負のスパイラル大腸では糞便から水分が吸収されるので、糞便が大腸の中に長くとどまっていればいるほど、糞便からは水分が吸収されて硬くなっていく。硬くなった糞便は肛門から容易には排泄できない。すると、また新しい糞便が直腸に到達するが、排泄していない糞便がまだ停滞しているので、そこに糞便がさらに貯留...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞