m3.com トップ > 臨床ニュース > なぜ若年成人で大腸がんが急増しているのか

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

なぜ若年成人で大腸がんが急増しているのか Cancer Currents――米国立がん研究所(NCI)ブログ

(海外がん医療情報リファレンス11月18日付記事を転載)大便に血が混じっていることに初めて気づいたとき、DougDallmann氏は30代前半であった。「でも、たまに起こるだけだったし、痛みもなかったのであまり気にせず、主治医に相談しませんでした」とDallmann氏は体験談に記した。数年後、出血の量や回数が増えてきたので、検査を受けることにした。原因は腸の小さな裂傷だが、治療できないと言われた。「大便に血が混ざることを受け入れて生活するしかないと思って、再び無視することにしました」と記した。し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞