m3.com トップ > 臨床ニュース > 放射性医薬品――放射線治療も分子時代を迎える

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

放射性医薬品――放射線治療も分子時代を迎える Cancer Currents――米国立がん研究所(NCI)ブログ

(海外がん医療情報リファレンス11月24日付記事を転載)過去20年の間、さまざまな種類のがんを治療する方法が著しく変化した。分子標的治療はがん細胞の増殖、分裂、転移を促進するがん細胞内の特定のタンパク質を遮断し、免疫療法は免疫系を刺激したり抑制したりして、体ががんと戦えるようにする。しかし、外科手術、化学療法、放射線治療など長年使用されてきた治療法が、今もがん治療の中心である。放射線治療が初めてがんの治療に使用されたのは100年以上前のことだが、現在でもがん患者の約半数が、治療中のどこかの時点で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞