m3.com トップ > 臨床ニュース > 災害に強い日赤、新型コロナでつらい時期も【withコロナ時代の医療・呼吸器編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

災害に強い日赤、新型コロナでつらい時期も【withコロナ時代の医療・呼吸器編】 日本赤十字社医療センター・出雲雄大氏に聞く―Vol. 2

日本赤十字社医療センター呼吸器内科部長の出雲雄大氏へのインタビュー第2回。災害が起きると、日本赤十字社の関連病院の名前を聞かないことはないほどだが、今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生でつらいこともあったと話す出雲氏。呼吸器症状がメインの感染症でもあるため、その他の呼吸器疾患の患者への影響もそれなりにあったと振り返る。また、出雲氏自身は今後、指定感染症の分類を見直すべきとの立場を示す。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵、11月5日取材、全4回連載)前回の記事『DP号...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞