m3.com トップ > 臨床ニュース > 厚労省COVID-19手引き、3カ月ぶり改訂

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

厚労省COVID-19手引き、3カ月ぶり改訂 検査や治療の最新情報を追加

2020年12月11日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患救急その他

厚生労働省は12月4日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き第4版を公表した。9月4日の第3版から3カ月ぶりの改訂では、検査や治療などに関する最新情報が追加されている。(m3.com編集部・坂口恵)入院中の二次性細菌・真菌感染症合併の注意情報今回の改訂では「臨床像」に新たに二次性細菌・真菌感染症に関する項目が追加された。日本国内での報告は集積していないものの、欧州では入院中の細菌感染症合併率が入院時の3.5%から15%に増加すること、人工呼吸器管理を必要とした重症例で侵襲性肺...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞