m3.com トップ > 臨床ニュース > ワクチン接種間隔の規定変更で学会コメント

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ワクチン接種間隔の規定変更で学会コメント 接種機会の確保という観点から「規定変更を歓迎」

2020年12月26日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患感染症

日本小児科学会はこのほど、ワクチン接種後の接種間隔の規定変更に関する考え方についての文書を学会ホームページに掲載した。2020年10月1日から、異なるワクチンの接種間隔について、注射生ワクチン同士を接種する場合は27日以上おくという制限は維持しつつ、その他のワクチンの組み合わせについては、一律の日数制限は設けないという規定に変更された。この規定変更について、子どもたちに対する接種機会の確保という観点から、同学会は「歓迎する」との姿勢を示している。不活化ワクチンや経口生ワクチン接種後のすべての異な...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞