m3.com トップ > 臨床ニュース > 第35回 米国糖尿病学会の2021年版診療GL速報:刮目に値する改訂点はあるか

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第35回 米国糖尿病学会の2021年版診療GL速報:刮目に値する改訂点はあるか 糖尿病・代謝 能登洋(聖路加国際病院)

今回扱う論文StandardsofMedicalCareinDiabetes-2021DiabetesCare2021;44:S1-S2321)はじめに米国糖尿病学会(ADA)は毎年新春に、診療ガイドラインを発行・公開しています。昨年版(第24回参照)から大きく変更となった点や重要な点に着目しながら、2型糖尿病(以下、糖尿病)に関する推奨内容を今年もレビューしましょう。治療薬推奨順位はさらに変わったのでしょうか?また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックについての言及はあるで...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞