m3.com トップ > 臨床ニュース > コレステロール低下薬で免疫チェックポイント阻害薬の効果が増強できるのか

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

コレステロール低下薬で免疫チェックポイント阻害薬の効果が増強できるのか Cancer Currents――米国立がん研究所(NCI)ブログ

(海外がん医療情報リファレンス1月4日付記事を転載)免疫チェックポイント阻害薬(ICI)は、一部の進行がんでは奏効し、治癒することさえある。しかし、ほとんどの患者では、短期間しか効果がないか、全く効果がないかのどちらかである。そのような中で、コレステロール低下薬によって免疫チェックポイント阻害薬の奏効率が上昇する根拠が得られた。マウスを用いた非臨床試験で、2種類のコレステロール低下薬単独および免疫チェックポイント阻害薬との併用で、腫瘍増殖が遅延したことをデューク大学の研究チームが突き止めた。エボ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞